卒業生の口コミで比較!名古屋イチオシのネイルスクールはどこ?

HOME » ネイリストのお仕事をリサーチ » ネイリストの1日を教えて!

ネイリストの1日を教えて!

ネイルサロンで働くネイリストの1日

ネイリストの代表的な働き方であるネイルサロン勤務の、1日の流れを紹介します。 ネイルサロンのお客さんは学生、OL、主婦など幅広く、比較的遅い時間までお店を開けていることが多いです。そのため複数のスタッフが「早番」「遅番」といったシフト制で勤務をしています。

9:00/早番で出勤 まずは開店の準備から

出勤したら、まずは店舗のオープン準備を行います。店内の掃除や予約の確認、材料の補充、用具の手入れなど、細かな作業がいくつもありますので、開店時間に間に合うように効率よく進めることが大切。

お客様にとって快適な空間を作るため、アロマオイルを焚いたりBGMを流したりと、店内の演出をするのも大切な準備のひとつです。

10:00/オープン お客さまをお迎え

施術にかかる時間はメニューによって異なります。ケアや簡単なカラーリングなら40〜60分程度、凝ったアートやジェルネイルの場合は120分ほどかかることもあります。

1日8時間の勤務で、1人のネイリストは平均4、5人のお客さまを担当することが多いようです。ただし、サロンの方針によって、じっくりと1人のお客さまに時間をかけるお店もあれば、たくさんのお客さまを同時に担当することで価格を下げているお店もあります。

14:00/遅めの昼休み

お客さまの来店状況によって、休憩をとれる時間は毎日違います。予約外のお客さまが重なったり、思わぬトラブルで施術が長引いてしまったりすると、ほとんど休憩を取れないこともあります。

大変だけど、とてもやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

17:00/学生さんや仕事帰りのお客様が増える

日中は、主婦や自営業のお客さまが中心でしたが、夕方以降は学生や会社員のお客さまが増えてきます。

再来店の方にはカルテを確認し、デザインや色の好み、以前の会話の内容などをしっかり復習しておきます。技術だけでなく、お客さまとのコミュニケーションを充実させることで、満足度の高い接客を目指します。

18:00/退勤後、自主トレーニング

勤務時間が終了したら、自分の道具を片付けて遅番のスタッフに引き継ぎをします。すぐに帰宅する日もありますが、テクニックを磨くためにお店に残って自主トレーニングをすることもあります。店舗によっては、評価の条件に技術試験を設けている場合もあります。

一人前のネイリストになるためには、常に最先端の情報を取り入れながら、日々テクニックを磨くことが大切です。

 
ページの先頭へ
検定に強い!名古屋のネイルスクール選び