卒業生の口コミで比較!名古屋イチオシのネイルスクールはどこ?

HOME » ネイリストのお仕事をリサーチ » ネイリストに必要な資格とは

ネイリストに必要な資格とは

このページでは、現在あるネイリストのための資格、技能試験についてご紹介していきます。

JNECネイリスト技能検定

JNECネイリスト技能検定は、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが運営している検定試験。
内閣府の認定も受けており、ネイル試験では日本で一番歴史と知名度がある試験です。
資格保持者も圧倒的に多く、ネイリストになるためには必要不可欠な資格と言えます。
また、試験は実技と筆記試験の2つ。飛び級はできず、全員が3級からのスタートとなります。ネイリストとして開業を考えているなら2級は持っておいた方が良いでしょう。
3級の場合、基礎がしっかりしていれば大半の方が合格ができますが、2級は「プロとしてお金をもらえるレベル」を要求されるので、高い技術力が必要です。
また、ネイルサロンの応募条件には「ネイル検定2級以上」と記載されていることがほとんど。ネイリストとして働きたいと考えている人は、ネイル検定2級以上を目指しましょう。
1級になると、アクリルを用いたイクステンションを行いますが、2級までだとアクリルのスカルプチュア技術がサロンでは使えず、ネイルアートのみとなります。
仕事の面接の際にも、1級を持っていることが大きなアピールポイントにもなりますし、資格手当がつくサロンもあるようです。

JNECネイリスト技能検定3級

試験概要 ネイルの基礎的な技術と知識
〇ネイルケアカラー
〇ネイルアート
実施時期 年4回(例年1,4,7,10月)
受験資格 義務教育修了者
合格率 83.42%
費用 6,600円

3級は年に4回検定があり、合格率も83.42%以上と高いので、比較的合格しやすい検定だと言えます。サロンとしてはまだまだ知識・技術ともに乏しいので、サロンで働きたいなら2級以上がオススメ。

JNECネイリスト技能検定2級

試験概要 サロンで働くために必要なネイルケアカラーとジェル技術と知識
〇ネイルケアカラー
〇チップラップ
実施時期 年4回(例年1,4,7,10月)
受験資格 ネイリスト技能検定3級取得者
合格率 39.99%
費用 8,800円

2級は合格率39.99%と、3級に比べると合格率がかなり低くなります。「プロ」として働ける資格になるので、高い知識と技術力が求められます。

JNECネイリスト技能検定1級

試験概要 トップレベルのネイリストとして通用するアクリルイクステンション技術と知識
〇アクリルスカルプチュア
〇アクリルチップオーバーレイ
〇ミックスメディアアート
実施時期 年2回(例年4,10月)
受験資格 ネイリスト技能検定3級取得者
合格率 36.77%
費用 11,000円

合格率は36.77%と低く、検定も年に2回しかないので、かなり難易度が高い検定になります。1級は、ネイルサロンで働く際にも大きなアピールポイントにもなりますし、資格手当で給与がアップするサロンも多いので、「高い技術力を身に着けたい」「給与は多い方が良い」という人は1級を目指しましょう。

JNAジェルネイル技能検定試験

JNECネイリスト技能検定は、ナイルアートやスカルプアクリルチップなどの検定でしたが、JNAジェルネイル技能検定は、日本ネイリスト協会が主催している「ジェルネイルを専門とした検定試験」です。
自宅でも気軽にジェルネイルができるようになり、最近では一般の受講者も増えてきているのが現状です。
試験内容は実技と筆記試験。JNECネイリスト技能検定と同じように飛び級をすることができず、初級から順番に受験することになります。
ただし、すでにネイル検定を持っている方の場合、試験の第一課題が免除になる制度があるので、効率よくスピーディーに受験したいと考えている人は、ネイル検定3級から受験するのがオススメ。
JNAジェルネイル技能検定は、ジェルネイルに特化した試験内容となっていますが、ジェルだけできれば合格できるというわけではありません。ネイルケアの基礎的な知識や技術も必要になるので、サロンで働きたいと考えている人は中級以上の習得を目指しましょう。

JNAジェルネイル技能検定初級

試験概要 ジェルネイルの基礎的な知識と技術
〇ネイルケアカラー
〇ジェルカラー
〇ジェルアート
実施時期 年2回(例年6,12月)
受験資格 義務教育修了者
合格率 70%程度
費用 9,720円

一般の人でも受けることが多いと言われる初級。アートをもっと楽しみたい、基本的な知識を身に着けたいという方が受講しているようです。ネイリスト技能検定3級以上を持っていれば、実技試験第一課題(ネイルケア)は免除されます。

JNAジェルネイル技能検定中級

試験概要 サロンで働くために必要なネイルケアカラーとジェル技術と知識
〇ネイルケアカラー
〇ジェルオフ
〇ジェルスカルプチュア
〇ジェルグラデーション
〇ジェルフレンチ
実施時期 年2回(例年6,12月)
受験資格 JNAジェルネイル技能検定試験(初級)合格者
合格率 60%程度
費用 12,960円

サロンで働くことを考えている人は、中級以上を目指しましょう。就職面接でのアピールポイントになりますが、高い技術力と豊富な知識が必要になるので勉強量はかなり必要になります。
中級も、初級と同じようにネイリスト技能検定2級以上を持っていれば、実技試験第一課題(ネイルケア)が免除される制度があります。

JNAジェルネイル技能検定上級

試験概要 ジェルネイルのスペシャリストとして通用する総合的な技術
〇ジェルスカルプチュア
〇ジェルチップオーバーレイ
〇ジェルフレンチ
〇ジェルアート
実施時期 年2回(例年6,12月)
受験資格 JNAジェルネイル技能検定試験(中級)合格者
合格率 45%程度
費用 16,200円

合格率が半分以下、年に2回だけの試験という、かなり難易度が高い試験。上級の試験内容は実技のみになっており、イクステンション、スカルプチュア、チップオーバーレイ、アートなど、ジェルネイルのすべての技術が必要になる試験と言えるでしょう。

ネイルサロン衛生管理士

安全・安心なネイルサービスを提供するための知識の取得を目的とした資格になっており、18歳以上の方ならどなたでも受講できるという、難易度が低めの試験。ただし、ネイルサロン衛生管理士の資格取得はJNA認定講師資格の受験時やJNA認定サロン登録の際の申請条件となっているので必ず受けておかなければなりません。合格率に関しては明記されていませんでしたが、不合格になっても再受講することができます。

試験概要 安全・安心なネイルサービスを提供するための知識の習得
第1部 理論講習 約180分間
第2部 確認テスト 20分間
第3部 試験問題解説・まとめ・成績発表
実施時期/実施場所 毎月開催/全国のJNA認定校
受験資格 18歳以上の方/ネイルサロン勤務経験は問わない
合格率 100点満点中80点以上で合格 不合格場合の補習受講
費用 一般価格:10,000円 / JNA会員価格:6,000円
 
ページの先頭へ
検定に強い!名古屋のネイルスクール選び