卒業生の口コミで比較!名古屋イチオシのネイルスクールはどこ?

HOME » いまさら聞けないネイル超基礎講座 » 独学でネイリストを目指せる?

独学でネイリストを目指せる?

独学でネイリストの勉強をする方法

JNAのオフィシャル教材を使う

JNAのオフィシャル教材は、内容がレベル別に分かれており、ネイリスト技能検定試験の対策教材にもなっているので、持っていて損はありません。テキストとDVDがあり、4,000~5,000円ほどで入手できます。

無料動画を使って学ぶ

YouTubeなどの無料動画サイトには、ネイルサロンやプロのネイリストによる参考動画がアップされています。内容は、ネイルアートの基本から検定対策まで多岐に渡るので教材として役立つでしょう。動きがあるので、写真ではわかりにくい内容について確認することができます。

セミナーに参加する

プロネイリストによるセミナーに参加することは、自分一人で解決できない疑問を講師に質問するチャンスです。JNA主催のセミナーは、会員になれば2,000円から参加することができます。

大手スクールが開催する模擬試験を受ける

模擬試験では、プロの客観的な評価が受けられ、自分では気づかなかった弱点を見つけることができます。大手のスクールが開催している模擬試験は一般参加も可能。試験官は本番と同じ、JNA認定講師が務めます。

独学で学ぶ際のメリット・デメリット

メリット

好きな時に好きな場所で勉強できる

独学は、好きな時に好きな場所で勉強を進められる点が魅力です。仕事や学校と両立するために独学を選ぶ人も少なくありません。近くにスクールがなくても、教材と材料を揃えればその日からスタートできます。

費用がかからない

ネイルスクールで学ぶ場合、プロを目指す検定対策付きのコースは約70万円、基礎コースでも約15~20万円の費用が掛かります。一方、独学ならJNAが発行しているテキストと参考書があれば、一通りの知識を得られます。

デメリット

疑問の解決に時間がかかる

ネイルには、技術や道具の専門的な知識が必要です。しかし、独学だと疑問が湧いたときに、すぐに解決することができません。セミナーや講習会でインストラクターに質問することはできますが、それまではずっと分からない状態が続いてしまいます。

自分の実力がわからない

一人で勉強としていると、他の人と比べることができないので自分の実力がわからず不安になります。間違ったまま覚えてしまったり、より高度な技術を学びたくても教材では分からなかったりして、学びと成長の機会を逃してしまうことにもなりかねません。

モチベーションを保つのが大変

スクールとは違い、独学では一緒に学ぶ仲間がいないので、モチベーションを保つことに苦労します。勉強スケジュールも自分で決める必要があり、予定通りにいかなかったときの精神的なリカバリーも難しくなります。

ネイリストの資格を独学で取るのは大変?

独学での資格取得には限界がある

独学で取れるのは、ネイリスト技能検定3級までと一般的に言われています。3級の内容は基本的なネイルケアが中心ですが、2級はネイリストとしてサロンワークを想定した内容になっており、スクールでも100時間ほどかけて学ぶボリュームです。独学の場合は、じっくりと腰を据えて勉強に取り組む必要があります。

サロンへの就職を考えるならプロに学んだ方が良い

ネイルサロンで働きたいと考えている場合は、初めから講師に学んだほうが効率的です。目の前でプロの技術をしっかりと見て、実践することでスムーズな学習につながります。接客や施術の流れといったサロンワークを学ぶには、スクールの模擬体験が効果的です。

 
ページの先頭へ
検定に強い!名古屋のネイルスクール選び